貿易事務の世界 IMPORTER’S WORLD

中小企業の貿易事務の日常、学ぶことは毎日のやりがい!

貿易取引の流れの基礎 -貿易実務-

みなさん、こんにちはふみです!今日からもう9月ですね。あっという間に8月が過ぎてしまったような感じがしてますが、まだまだ暑い日が続いています😊これから涼しくなるのか残暑が残るかわかりませんが秋らしくなってほしいな〜。

 

さてさて、今日は初心に戻りましてそもそも貿易って一体なんだっけ?貿易の流れを再確認ということで私なりにまとめてみました。最近、貿易実務検定の本も手にとって眺めているのですが、やったことない方、貿易を経験したことない方にとっては把握しづらいかと思います、なので今回は貿易取引の全体像をざっくり見ていきましょう😊

 

貿易取引の仕組み

f:id:humi0203:20190320082045j:plain

貿易というのは、異なる国の間での売買取引です。そして「モノ」カミ」「カネ」貿易の本にまず書いてあるのはこの3つですね😊貿易の全体像を把握するにはこの3つがどのように動いているのか知るのが一番重要です。ただ、本に書かれている図ってわかりやすいようでわかりにくかったりするんですよね。私も本を読んでそう思っちゃいました😅できるだけわかりやすいように説明をしていければと思います😊

 

f:id:humi0203:20190901232320j:image

実際によくこんな図が描かれていると思いますが、漢字が並んじゃって少しわかりにくい😓でもでも!これって実際によーく見てみると意外に単純なのです。私はこれを売買契約荷物の出荷後、荷物の受け取りまで3つ項目に分けて考えてみれば少しずつ把握できるのではないかと思っています。実際にすっぱりと分けるのが難しいのですが、今回はわかりやすく!ということを念頭に強引に3つに分けてみました!ではでは早速輸入の流れでサクッと見ていきましょう😊

 

これら3つに分けるとこのような感じなります。

  1. 売買契約後に行われる カミ」の流れ
  2. 船積み(直)後に行われる「モノ」カミ」「カネ」の流れ
  3. 荷物の受け取り(直)前に行われるカミ」「カネ」の流れ

 売買契約から船積みまではカミ」のやりとりのみしか行われません。「モノ」「カネ」は、船積みをしてからでてくるのです。要は船積み後からよーく観察してみればそんなにややこしくないんです😊では見ていきましょう😊

 

1.売買契約後に行われる カミ」の流れ  

f:id:humi0203:20190727135937p:plain

売買契約を締結

まずは契約を成立しましょう😊株式会社ふみは中国のパンダincと契約をします。パンダのぬいぐるみ10万個のオーダーです!これからよろしくねパンダincさん😊

よろしくねパンダincさん!

うむ。よろしく頼む

 

信用状の発行依頼 (L/C) [カミ]

パンダincさんは株式会社ふみと初めての契約なので、初回の取引は少し不安です。そこで株式会社ふみが取引している銀行に信用状という「代金の支払いを保証してくれるカミ」を依頼してもらいましょう😊

了解です!発行しますね!

うむ。よろしく頼む

 

信用状の発行 (L/C) [カミ]

早速取引銀行である三菱UFJ銀行に信用状を発行してもらい、中国銀行へ送りましょう😊

送りましたよ〜

うむ。

 

信用状の通知 (L/C) [カミ]

その信用状を中国銀行はパンダincへ連絡します😊

届いたかな?

うむ。届いたぞ!

 

保険付保

確かこれは保険付きの契約です。船に積む前に保険をかけましょう。何かあったら大変だもんね😊

保険かけるぞ

 

2. 船積み(直)後に行われる「モノ」カミ」「カネ」の流れ

f:id:humi0203:20190716222148p:plain

商品の船積み[モノ]

さあ、信用を作ったら早速モノを日本へ送りましょう😊えーと条件も確認して商品を船に積みました!

うむ。よろしく頼むぞ、船よ!

ありがとうございます!まだかな〜

 

船価証券B/Lの発行[カミ]

この商品は株式会社ふみさんのものだと証明する「カミ」を船会社に発行してもらいましょう😊

船会社に言ってB/L発行してもらったぞ!

ありがとうございます!

 

手形・船積み書類の買取を依頼  [カミ]

ここで買取銀行さんへ為替手形と必要書類を渡します。この手形というものがないと銀行さんは日本の銀行さんへお金の請求ができないのです。なので手形も必要だと覚えておいてくださいね😊

これで代金の支払いを頼む。

 

買取代り金の支払い [カネ]

銀行さんは信用状をもらってますので、その書類を確認したあとパンダincさんへ代金を立て替えてあげます😊

代金を受け取ったぞ!

 

3. 荷物の受け取り(直)前に行われるカミ」「カネ」の流れ

f:id:humi0203:20190401234958j:plain

手形・船積み書類を送付  [カミ]

買取銀行さんは代金を立て替えたので、日本の銀行さんからお金を払って〜と「手形」と書類を送ります😊これが証拠だよ〜ってね。

中國銀行からそちらの銀行に連絡が行くはずだ。

ありがとうございます!連絡待ちますね。

 

手形を株式会社ふみへ呈示 [カミ]

ふみさん、このように手形が来ています。代金お支払いをお願いします。と依頼が来ます。

了解です!

 

代金を支払う[カネ]

株式会社ふみはその手形を確認して、パンダincさんのものと確認。すぐにお金を送ります😊

明日付で送金しましたよ!書類を送ってくださいな。

 

船積み書類の交付 [カミ]

代金の支払いを確認してから、銀行はB/L書類をふみへ送ります。

ありがとうございます!B/Lと書類受け取りました😊

 

立替金の送金[カネ]

銀行はお金をふみから受けとったのでそのお金を中国の銀行へ送金します😊

うむ。中国銀行が お金を受けとったそうだ。謝謝。

 

B/Lの呈示[カミ]

ふみは商品が港に届いたら、船会社へB/Lを渡します。これは私たちの貨物ですよ〜ってね😊

船会社さん、B/Lです。ご確認をお願いします。

 

貨物の引き渡し [カミ] (モノ)

そしてB/Lを乙仲さんへと😊

ありがとうございます!

 

全体的なまとめ!

このように一気に全体の覚えるのではなく2つ3つに分けて、それぞれ「モノ」カミ」「カネ」どのような動きをしているのかを大雑把に把握するのが理解への近道かと思います😊実際に、自分がモノを売る人間としてAmazonなどの媒体を利用してイメージしてみるとわかりやすいかもです😊メルカリとかもね!

 最後にもう1度おさらいのため!

1. 売買契約後に行われるのは カミ」の流れだけ!

カミ」 = L/C (信用状)
2. 船積み(直)後に行われるのは「モノ」カミ」「カネ」の流れだけ!
「モノ」= 商品の船積み
カミ」= B/Lと為替手形
「カネ」= 銀行からの立替金
3. 荷物の受け取り(直)前に行われるのはカミ」「カネ」の流れだけ!
カミ」= 為替手形・船積み書類・B/L
「カネ」= 株式会社ふみから国内銀行への送金・国内銀行から中國銀行への送金 

 

もっと分けると細かいのですが、最初はこのようにざっくり覚えてみれば貿易の全体を把握できたと同じです😊ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ではでは、この辺で。