貿易事務の世界 IMPORTER’S WORLD

中小企業の貿易事務の日常、学ぶことは毎日のやりがい!

今や日本より進んでる?中国の経済エリア 珠江デルタ

f:id:humi0203:20190328080948j:image

こんにちは、ふみです!昨日は1日で3社の方達と商談がありました。とても珍しいです〜。最初の1社はよく取引のある上海にある工場の担当者。よくぬいぐるみ関係を作ってもらいます。

 

f:id:humi0203:20190328081923j:image

2社目は亜鉛合金製(ダイカスト製)のキーホルダーを製作してる会社。3社目は飛び込み営業の日本の会社さんでした。日本の会社さんに関しては商談ではないですね😓えーとWebマーケティングなどに関する情報でもっと顧客満足度をあげませんか?新規お客様を獲得しませんか?お手伝いしますよ〜というAIなど取り入れた最先端の会社さんでした。

 

私の会社は古〜い体制を維持した言わば化石会社なので新しいことにチャレンジするのもアリなはずです!一応、若手の中に入る私たちが良い方向に変えて行ければと思っております!あとは予算次第だ🙌

 

f:id:humi0203:20190328082038j:image

写真は1社目の方から頂いた中国のお土産です!中国のお茶っ葉ですね!木箱に入ってるなんて高級です😊会社でいただきましょう〜

 

f:id:humi0203:20190328082135j:image

もう1つはデスクグッズですね!右からボールペン、左上がマウスと下がしおりとUSB、最後がノートですね。ふみさんにどうぞ〜😊と貰ってしまいました🙌 デザインが

 

珠江デルタ

f:id:humi0203:20190328081752j:image

引用 : https://www.diggitmagazine.com/articles/pearl-river-delta-region-copycats-or-center-innovation

2社目のキーホルダー屋さんと話してたときに中国の現状を聞いてみました。まずここの工場はZhongshan(中山)下から二番目の場所にあります。ここの香港を囲んだ市は経済特区つまり中国でも経済が発展しているところなのです☺️この場所は"珠江デルタ"英語でPearl River Deltaと呼ばれています。

 

色々話を聞いてみましたが、香港もフリーポートですのでそこからどんどん発展していったんではないか。と言ってました👏確かに外資系の工場などが爆発的に増えたみたいです😊土地の値段も安いですし、人件費だって今でも日本の半分以下です。お安くできるはずや〜

 

私たちの取引工場もほぼこのエリアにあって、色々人件費の問題も少しはあるのですが良い商品、良い人(ビジネスパーソンとして)がたくさんいらっしゃる良い地域です😊

 

土地の値段の余談

そうそう、そこから土地の値段の話になって日本の土地っていくらくらいなの?って聞かれたので、下町の値段で35平米の戸建てでだいたい3000万円ですよと答えたら、中山の方は1000万くらいだそうで、、私中山に家買おっかな!!って冗談 笑 でも破格のお値段にびっくりです🙌ただ、深センあたりになると1平米あたり200万なので東京の丸の内と同じくらい、、かも?

 

余談 : 1平米 = 1 square meter (平方メートル)

 

深センの街

深センの街って私はまだ行ったことは無いのですが、高層ビルが立ち並ぶ摩天楼な大都市です。東京とは比べものにならないくらい背の高いビルがひしめき合っていて、実際に日本よりも進んでいると社長が言ってました😳

 

深セン自体が経済特区の中心と言っても過言ではないくらい発展していまして、ここに関しては中国の人件費の平均を挙げているくらいlabor cost が高いです。なので深センにあった工場は近年潰れてきているんですよね😔いい商品にはいいお値段がつきものですが、付加価値の低いものなんてお値段が合わずに別の安い工場で生産してしまうのが現状😷私の会社もそうなのです😢

 

たくさんの工場があったんですがね〜辞めていく人も多くてどこに行ってしまったのやら🤔経済成長が激しいと良いことも悪いことも起きますね。弊社の取引工場の地域もあとは東南アジアになるのか、、先行きが不安です。。

 

ではでは、この辺で。