貿易事務の世界 IMPORTER’S WORLD

中小企業の貿易事務の日常、学ぶことは毎日のやりがい!

え?これだけ?インボイスとパッキングリストの書き方と中身

f:id:humi0203:20190214194417j:image 

昨日はバレンタインデー!って特に何もしてない!買ってあげようかとは思いましたが、何が好きか分からず、結局買わずに終わってしまいました。最近の子は友チョコもあまりやってないようで、自分のために高級チョコを買うみたいですね。それはそれで楽しいんですよね🤤私もよく自分で作って自分で食べてました笑!友達用にたくさん作ったけど、あげるタイミングが分かんなくて、持ち帰ってましたね。笑

 

 

インボイスとパッキングリストの中身とは?

f:id:humi0203:20190318180937j:plain

さてさて、今日はある会社から来たインボイスとパッキングリストの中身をご紹介します。インボイスとパッキングリストってよく本にも色々書いてあるんですが、会社名、アドレス、日付、インボイスナンバー、コンテナナンバー、インコタームズ、中身の詳細、原産国などなど!書くことがたくさんありますね!貿易条件や内容、何を輸入したり輸出したりしてるのか詳しく書くことは基本中の基本です。

 

そうしないと、税関の検査になったり通関に手間取られ、スムーズな通関ができない他に怪しいものを取引しているでは?と疑われてしまう場合もあります。それだけ、商品の顔となるインボイスやら、、とても大事なのですが、ある取引先会社の書類は違います。 

 

それがこちら!

 

 

f:id:humi0203:20190215135913j:image

 

簡単っ!

コンテナ情報、インボイスナンバー、などありません。中身と会社名くらいしかない!

 

しかも商品名TOYってどんなTOYだ!ってね。ここはさすがに通関士さんに聞かれました。 TOYとはどのような、、ものでしょうか?とそうですよね😅すみません、情報量不足で。ちなみに書類は私が必ずチェックしてから渡すのですが、この件はシッパーが直接送ったので、チェックしないまま流れてしまいました。

 

 

 

続いてパッキングリストがこちら。

f:id:humi0203:20190215144449j:image

会社名とはアドレスは、都合上でカットしてます。これもかなり単純です!

基本的にはインボイスの商品名と数量、またBLの重量と容積を完全に一致させる必要があります。なのであってればオッケーです!

  

またインボイスとパッキングリストは、双方同一の商品ということ紐付けしないといけませんので、インボイスナンバーをそれぞれに記載するのが基本です。

 

私の会社だと、輸入歴が長いのでこれだけ守ってれば、だいたい通してくれます。 新しい会社さんだと審査が厳しいので、低い区分が分けられちゃう可能性がありますので、新規輸入商品などは、出来るだけ詳しくですね!

 

ただ、上記のインボイスは何故か、商品のことを聞かれただけで通りました!笑

その時は少し甘めに採点してくれたんですかねぇ。大丈夫なのかな😂

 

 

 

ちなみに、、、

 

f:id:humi0203:20190215140712j:image

※引用 : 

インボイスについて - 日本郵便

こちらは日本郵便さんより。

 

ここまで書いたりするのが一般的ですね!弊社も輸出の際は、これくらいの情報を書きます。そうでないと、正式な書類として扱ってくれない可能性もありますので。ただ、もし指摘された場合は必要事項を追加で記入すればオッケーです🙆‍♀️税関や通関士からの問い合わせも頻繁に行われますので、スムーズな通関、輸入または輸出するためには出来るだけ細かく情報を記入することをおススメします。

 

最近は、税関が厳しくなっていますので、慎重に!

 

 

ではでは、このへんで。