貿易事務の世界 IMPORTER’S WORLD

中小企業の貿易事務の日常、学ぶことは毎日のやりがい!

貿易世界にAIの時代到来?

f:id:humi0203:20190207140644j:plain

昨日の夜、いつものようにニュースZEROを見ていたら、平成は「ゲームの進化の30年」というコラムがやっていました!そうか〜私はゲームと一緒に育ってきたんだ〜

 

小さい頃からゲームボーイ、プレステ、たくさんのゲームに囲まれて今でもまだ、空いた時間にやってます🎮しかも、最近はe-sportsが確立されて、オリンピック競技にも参入しつつあるみたい。それに賞金はなんと!!!

 

1億円🤩

 

ってもうお母さん、子供にもう

 

「あんたゲームばっかりやって、少しは勉強しなさい!」

 

なんて言えなくなっちゃう!

 

ゲームもついにもうここまで来たのかぁ。てことはあたしも幼少期はオリンピック強化選手だったのね 笑

 

貿易業界にAIの時代は来る....? 

さてさて、この世はITの時代まっさかりですが、貿易事務の世界にはまだ大きくは参入はしてきてはいません。通関なり書類を捌くのはまだまだ人間の仕事なのです。そういえばこの前、年末に乙仲の営業の方とお話をしていたところ、内容はこの先将来残っている仕事は何なのかという話に、、、(この方はかなりのお話好き)

 

ぶっちゃけ港なり貿易、通関のお仕事は無くなることがないのは、貨物内容をまだまだAIなどでは把握できないんでしょうかね〜。日本の貿易は輸出入ともに毎年多くなってるのが現状のようです。

 

f:id:humi0203:20190207140754g:plain


出典 : 財務省統計より 

日本の貿易の特徴 | JFTC キッズサイト | JFTC - 一般社団法人日本貿易会

 

これを見ると、やっぱり将来的にも貿易事務としての仕事はなくならない?!

のかも.....ただ、先ほども言ったように、この世はIT社会、いつ新しいシステムが開発されて、一気に普及するかもしれないですし実際に大手銀行でAIを取り入れて、人員を切った例もあるし、、どこも絶対安泰と言われる仕事はなさそう。

 

そういえば、経済新聞の片隅に、どこかの銀行出身の方が起業して、個人向け輸入の通関をスムーズにするためにシステムを開発したとかどうとか!明日は我が身かも、、(ぶるぶる)

 

こんな話を30分くらいして帰って行かれました。笑色々話したけども、言えることは1つ!今の仕事を一所懸命にがんばること💪!さあ明日もお仕事お仕事!おつかれさまです!